恋人の日にメッセージを込めて真珠をプレゼントしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記念日はカップルにとって非常に重要なものです。

普段は伝えることが出来ない感謝の気持ちを伝えたり、お互いの気持ちを再確認するきっかけになります。

カップルになった2人には、誕生日やクリスマスをはじめ、交際を始めた日など様々なイベントがありますが、6月にはプレゼントを贈りあう素敵な記念日があるのです。

◆たとえ離れていても通じあう互いの心を確認できる「恋人の日」

縁結びの神様と言われる聖アントニウスが没した6月13日の前日、6月12日は恋人の日とされています。

ブラジルを中心に浸透している記念日で、「離れていても互いを思いあえるように」という意味を込めて自分の写真を入れたフォトフレームを互いに贈りあうというのが一般的な習慣です。

日本で恋人達の記念日の代表といえば、2月14日のバレンタインデーが思い浮かびますが、ブラジルではバレンタインデーは行われておらず、この恋人の日がバレンタインデーに代わる記念日なんだそう。

写真を互いに交換して、それを見ながら相手を思うこのイベントは、遠距離のカップルにとっては愛を確かめあう素晴らしい記念日となるでしょう。

自分の写真に限らずとも、デートをした日に相手に気づかれないようにツーショットの写真を取っておいて、記念日にプレゼントすればきっと素晴らしいサプライズになります。また、フォトフレームや写真はずっと保存しておけるものですので、2人が結婚して同じ場所に住むことになっても素晴らしい思い出として残ります。

最近では、スライドショー形式で写真が表示されるデジタルフォトフレームとった商品もあります。
中には好きな音楽を流せるものもありますので、2人の思い出の曲を入れても素敵です。

◆6月の記念日には「真珠の日」も

恋人の日と同じ月にはもう一つ、大切な人を思う記念日があります。それは、6月1日の真珠の日。
恋人や家族、友人に真珠のプレゼントをする日とされています。

真珠は種類によってそれぞれ意味を持っており、その意味を込めて大切な人に真珠をプレゼントするのです。

とは言っても、真珠は高価なものですので付き合いはじめたばかりのカップルにとっては敷居が高いと思われるかもしれません。そんな場合は、真珠モチーフのものをプレゼントしてもOK。贈り物は値段や、その希少性よりも相手を思う気持ちが大切です。

また、「男性に向けて真珠をプレゼントするのはちょっと…。」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
でも、彼へのプレゼントにも真珠はオススメです。ネックレスなどは女性的になってしまいますが、ネクタイピンなどのアイテムは男性でもおしゃれに身に着けることができます。

自分では購入しないアイテムだからこそ、その人の秘められた魅力を引き出すような素敵なプレゼントになることでしょう。

◆「恋人の日」に真珠を贈ろう

一般的にはフォトフレームを贈りあう習慣がある恋人の日ですが、同じ6月の記念日である「真珠の日」と合わせてお祝いしてもいいかもしれません。

真珠をプレゼントすることには「魔除け」という意味があります。

そのため、男性から女性にプレゼントする場合には「貴方を守る」というメッセージになりますので、普段は口数が少なく中々思いを伝えられないという男性にとってはピッタリの贈り物といえるでしょう。

自分の写真を入れたフォトフレームとパールがあしらわれたアクセサリーを贈れば、きっとあなたの気持ちが伝わるはずです。

まとめ

相手を思いプレゼントを贈る恋人の日は、普段話し合う機会がすくないカップルやシャイな方にはぴったりの記念日です。

どんなプレゼントにしようか考えているときも相手のことを考えることができますので、これからの2人の将来のことを考えるきっかけになるかもしれませんね。

ピックアップ記事

  1. THIS NIGHT
    クリスマス直前!この冬大注目の大型ナイトパーティー初開催!「THIS NIGHT IN …
  2. ストロベリームーン、あなたは聞いたことがありますか?月にはさまざまな種類があります。月が地球…
  3. 春は旬なフルーツが多い季節です。暖かい季節に人気なフルーツ狩り。関東でフルーツ狩りが体験…
証明書発行フォーム
PAGE TOP